私にとってのうなぎの名店

うなぎの名店は星の数ほどあるかと思うが、私にとってのそれは東京都練馬区桜台にあるはせ川である。ここの特上のうなぎを重ねて食べるのが最高の贅沢である。かさねだけあって、最上階に鎮座するうなぎを頬張り、その下のタレがかかったご飯を口に放り込むと、その下から特上のうなぎが姿を見せるのだ。普通にうな重として満足しているところに、更にもう一つの幸せがそこにあり、極上の笑みを浮かべながらそのうなぎを頬張るのだ。

はせ川が私の名店である理由はもう一つある。肝焼きが最高に美味いのだ。コレ以上の肝焼きを私は他で食したことがない。絶妙の苦味、硬さ、焼き加減をもった肝に山椒をふりかけ、一串口に入れてから飲むよく冷えたビール。最高の一時である。

もし近くに行った際は寄ってみてほしい。店を入ると左手が座敷となっていて、靴を脱いでくつろぎながらうなぎを待ってみてほしい。かなり焼きに時間が掛かるのと、焼き手の店主に愛想のないことを除けば、良い時間を過ごせることを保証します。

※土用の丑の日に販売している並のうな丼は大したことがない。あれを食べてはせ川の味を決めるのは早計である。並、上、特にあたる松竹梅のランクの違いはうなぎの質ではなく、うなぎの大きさらしいが、私が経験した限り小さいうなぎは大して美味しくない。

ぜひ土用の丑の日なんてイベントではなく、うなぎの美味しい季節に足を運んで欲しい。横浜市 杉並区 引越し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です