角上魚類小平店の寿司や刺し身は最高だ

角上魚類という新潟県は寺泊に本店がある鮮魚店が東京近辺にも支店をいくつか出している。

私が行ったことがある店舗は、川越周辺の2店舗、赤羽店があるが、一番品数が多く、鮮度も抜群に良い物ばかりを置いているのが小平店だ。

場所は新青梅街道沿いにあり、駐車場も店舗周辺に100台は停められるのだが、大晦日や恵方巻を食べる2月3日、母の日父の日など、お寿司を家庭で食べるようなイベントの日は店舗周辺の道が大渋滞となる。

おそらく周辺の住民の方や店舗の方々も壁壁としているでしょう。なにせ店舗から1km以上の一般道が角上魚類に向かう車で埋め尽くされるのですから。

さて、そこまでして食べたい角上魚類のおすすめの品をいくつか挙げてみます。あくまでも私の好みですのであしからず。

・すき身中落ち

これは銀座あたりで食べたら巻物1つで千円は最低取られるような脂の乗ったネギトロが食べられます。

常時冷凍ものはありますが、半々で生のがあると必ず買います。

・ししゃも

ガチのやつです。今まで食べてたのはししゃももどきだとわかります。

オスメス別々に売ってますが、高い方がさらに上手いです。どちらが高いかは失念。

・あら盛り

これもたまにしかありませんが、酒飲みにはたまらない刺し身の切り落としが沢山入って激安です。

・甘エビのからあげ

これもレアですが、ビールに最高に合います。刺し身の甘エビも角上魚類は美味いです。尻尾は味噌汁にすると最高。

・サーモンの刺し身

サーモンってあまり好みではなかったのですが、ここの脂の乗ったサーモンの刺し身を食べてから好きになりました。

他にも沢山あるのですが、基本的に何でも美味いです。逆にこれはーというものは、まぐろの柵ですかね。これは当たりハズレある。

また思い出したらレポを書いてみますね。ミントcjメール 口コミ 評価

カテゴリー: 未分類 パーマリンク