あん今更マシににに超えどんう

ラーメン二郎が最近とてもおいしいと感じます。初めて食べたのは1,990余年の頃なのですが、新橋の駅から少し離れた路地にある黄色い看板のラーメン二郎と言うお店に長い行列ができているのを発見し、興味本意で並んだのが始まりです。
ラーメン二郎の特徴はうどんのような太さの麺、化学調味料がたくさん入ったしたがしびれるような濃厚なスープ、食べきれるか心配になるような量の豚肉や野菜、野菜といってもキャベツともやしですが。まずこの山盛りのビジュアルに初めてラーメン二郎を目にした人は驚かれるでしょう。
そしてほとんどの人が口にすることですが、初めてラーメン二郎食べた人の感想のほとんどが、美味しくないと言うのです。しかし食べた日から23週間過ぎた頃、もう一度食べたいなと思えるのも、皆が口を揃えて言うのです。
つまり、どこか中毒性のある食べ物といえます。そもそもラーメンと歌ってはいますが、ラーメン二郎が大好きな人たち、いわゆるジロリアンに言わせれば、ラーメン二郎は二郎と言う名の料理であってラーメンではないといます。
そして私もその中の1人であると、最近思うほどラーメン二郎が食べたい日が続くのです。
ラーメン二郎に興味のある人に1つ言いたいのがまず始めは大きさを聞かれますので必ず小さいサイズを選んでください。小さいサイズで他のラーメン屋さんの大盛り以上の量が盛られて出てきます。その際にニンニク入れますかと聞かれますが、野菜ニンニクでと答えてください。これが1番おいしいトッピングだと私は思っています。家ラーメン屋油と言うトッピングもありますがこれはラーメン二郎に慣れてから頼んだ方が良いトッピングになります。
体に良い食べ物ではありませんが、いちどは食べてみてはいかがでしょうか。出会い系 藤沢